機材比較
SONY DSC-W7& CASIO EX-Z850 & CASIO EX-P600

戻る   野鳥のページトップへ
CASIOのEX-Z850を入手しました。スペック的にはフィルターネジがない点を除けば、デジスコには最適な機種です。
スコープとの接続.は、でじすこやのBR-Z850、もしくはKOWAのTSN-DA850を使用します。

さて、その実力は・・と1台だけのインプレッションはつまらないので、今回は他の機種との比較
を簡単にしてみたいと思います。 (例によって主観の塊です。)
(・・・実は、EX-P600とTSE-17HDの虫干をしたかっただけだったり・・(^^;)
CASIO EX−Z850

スリム型カメラ、EXILIMシリーズの上位機種。一応、マニュアル、絞り優先、シャッター速度優先のモードがあるが、絞りは2段のみの簡単なもの。 ISO1600までの高感度撮影に対応。

画質:
画素数は800万画素。 さすがにコンパクトデジカメでこれだけの画素数になると、等倍で確認した時につぶれている部分は目立ってくるが、全体的には色収差も少なめで綺麗な印象。階調もなかなか良い。シャープネスは強めで、時折、合成写真のような写真が撮れてしまう。

連写:
高速連写では秒間3枚で最大3枚の連写が可能。復帰も早い。ただし、ISO感度はAUTOになってしまい、200〜800に自動で設定されてしまう。薄暗い森の中では確実にISO800に上がる。 秒間1枚程度でメモリいっぱいまで連写できる通常連写(ISO感度は固定できる)の方が実用的かもしれない。

動画:
圧縮率の高い、MPEG4形式の動画。 ファイルサイズが小さくなるため、長時間の撮影が可能だが、画質はいまひとつ。 水浴び中の鳥など、小刻みに早く動くものはモザイク状になってしまう。

使用感:
少ないボタンに機能を詰め込んでいるため、使いにくい部分はあるが、このサイズにまとめていることを考えるとある程度仕方がないかもしれない。液晶画面の右上にある再生ボタンや撮影ボタンは便利。 露出補正や連写は電源が切れるとリセットされるため、マニュアルモードを使用しない人には、面倒かもしれない。 液晶画面は明るい場所でも見やすいが、撮影後のプレビュー画面が今ひとつパッとしないため、「PCに取り込んでからのお楽しみ」的な部分がある。
作例:
TSN-4N + TSE-14W + EX-Z850
CASIO EX−P600

マニュアル機能が充実した上級機種。 カメラそのものの使い勝手は非常に良いが、4倍ズームの大きいレンズが災いして、デジスコではかなり限定された使い方を強いられる。
デジスコでの使い方についての詳細はこちらを・・EX-P700も同様です。

画質:
画素数は600万画素。 階調表現能力は比較的高いが、レンズの色収差はちょっと多め。 ホワイトバランスがオートの場合だと、かなり不安定。 カメラ側のシャープネスは弱めなため、全体的にソフトな印象。 ノイズは今となっては多めに感じるかもしれない。

連写:
秒間3枚、で6枚の高速連写が可能。ただし、書き込みはかなり遅く、高速連写でも一撃必殺的なものを要求される。このカメラの場合は、ISO感度が勝手に上がることはない。通常連写は、メモリいっぱいまで連写可能だが、最高画質だと秒間0.7枚程度とかなり遅い。

動画:
Motion Jpeg形式。 画質は悪くないが、最高で320x240の15fpsの為、物足りない。
リモコンが使用できるため、レリーズの操作音が入らないで済む。

使用感:
機能ごとにボタンが割り当てられているため、操作ミスは少ない。 リモコンが使用できるため手振れ防止に役立つ。(ただし、半押しはできない。) EX-FINDERは、被写界深度やピントがあっている位置がわかるのでピント調整時に便利。 露出の設定はZ850と違いSETボタンでの移動ではなく、十字キーの上下で移動できるため扱いやすい。 電源が切れると露出補正はリセットされるが、連写の設定は記憶されている。代わりにリモコンの受付がリセットされてしまう。 起動は最近の機種と比べるととても遅い。
作例:
TSN-4N + TSE-17HD + EX-P600
SONY DSC−W7

デジスコの定番機の1つ。絞り優先やシャッター速度優先のモードはないが、マニュアルモードは搭載している。 ただし、こちらも絞りは2段階。 いざという時は単三乾電池も使用できる。

画質:
画素数は700万画素。ノイズは少なめで、色合いは割とあっさりした印象。シャープネスがちょっと強すぎて、合成写真のようになることも。

連写:
秒間0.9枚程度で、5枚連続撮影可能。 復帰は早いがフルメモリ連写はなし。
連写ははっきり言って弱い。

動画:
Mpeg1形式。 圧縮しすぎのようで、状況によってはモザイク状になるが、比較的綺麗な動画が撮影できる。AFが小刻みに作動してしまうため、フォーカスは固定したほうが良いかもしれない。

使用感:
露出補正などの細かい設定は、いちいちメニューを開かなくてはならないが、電源が切れても保存されているため、それほど煩わしさは感じない。起動も速く、レスポンスもいいため、連写が弱くてもさほど気にはならない。液晶画面は画素数の割りにみやすい。マニュアル露出は意外と使いやすい。
作例:
TSN-4N + TSE-14W + DSC-W7
※ 各作例は、DSC-W7の最低感度、ISO100にあわせて撮影しています。

似たような条件で複数のカメラを試すのは初めてでしたが、カメラ側の細かい設定などはP600が圧倒的に楽でした。
ボタンのいっぱいついたでかい図体は伊達ではありませんね。ただ、このカメラは、デジスコ用途で考えると使い勝手がいいとは言えません。

Z850とW7の操作感はそれほど差を感じませんでした。フルオート時の露出補正は十字キーの左右に割り当てることで、Z850の方がすばやく出来そうですが、マニュアル時の操作感は十字キーの上下で絞りとシャッタースピードの間の移動ができるW7の方がZ850よりはやりやすかったです。

レスポンスについては、Z850、W7ともに同程度、ストレスなく使用できます。 ただ、Z850の液晶のスルー画面が、W7よりは遅く感じます。 P600はさすがに古いので、この2機種には敵いません。ピント合わせやシャッターラグはともかく起動とメモリへの書き込みが遅すぎる。

各々の画質については、各人の好みがあるため細かくは追求しません。1/1.8型400万画素や500万画素CCD時代の等倍で見た時の羽毛が1本1本見えるような画像(距離によっては実は結構間引かれている)を求めるのは、これだけの画素数になると無意味ですし。

EX-P600の操作のしやすさを受け継いで、Z850と同等のレスポンスをもった3倍ズームのデジカメが欲しいです(^^ゞ